私たちは「高齢者の方々の心と体を元気にする」ことをポリシーとして、「げんきな老後生活」を全国に広げ、地域社会へ貢献してまいります。


整体師

募集要項

職種一覧へ


整体師になろうと思ったキッカケを教えて下さい。

学生時代サッカーをしていました。サッカーは特に怪我の多いスポーツなので、高いパフォーマンスを出し続ける為にも日頃のケアは重要だと実感していました。そこで整体師の資格を取って自分でもケアが出来る様になりたいと思ったのがきっかけです。


ありがとうございます。整体師として介護事業に興味を持った理由をお聞かせ下さい。またその意味と価値はなんだと思いますか?

私は整体スクールを卒業した後、整骨院に就職して治療補助や筋肉調整の業務をメインで行っていました。その中で治療にいらっしゃる患者様は高齢者の方が多い事に気が付き、もっと違ったアプローチで高齢者の方に治療や身体改善が出来るのでは?と考えて色々調べていった結果、介護という分野に興味を持ちました。整体師にとって介護事業に取り組む意味はいわゆる健康保険適応外の症状を訴えている方々に対して直接アプローチが出来る所にあると思います。整体師にとって介護は新しい活躍の場所であり、それは整体師全体の活性化に繋がる価値があると実感しています。


では、数ある介護事業の中でGENKINEXTを選んだ
理由を教えて下さい。

先にお話した通り既に介護で活躍したいという気持ちは有りました。一口に介護といっても本当に色々な事業体があって、どこに就職すべきなのかも決め兼ねていた時にGENKINEXTの求人を見ました。決めた理由は「寝たきりにしない」というコンセプトのインパクトと、どうしたら寝たきりを予防できるのか?という自分なりの大まかなイメージがすぐに浮かんできたからです。もちろん不安も有りましたので、現場見学をお願いし順次面接に進み、採用に至りました。


入社後のギャップはありましたか?具体的にどういった所が?

現場見学の際にしっかりとGENKINEXTの大義からサービス内容、あるべき姿など細かく伺っておりました。整骨院時代には患者様の来院数に一喜一憂していましたが、GENKINEXTはスタンスが大きく違いました。介護なので多少なりとも介助業務はあるのでは?と思っていた所も有りましたが、本当に機能改善のみに特化している所、ご利用者様と一緒に楽しみながら中長期的なスパンで機能改善をしていくというスタンスに本当にびっくりしました。


整体師として高村さんが描く未来のビジョンは
何でしょうか?

現在私は都内のGENKINEXTの施設長・メインセラピストを任されておりますが、今後はもっと手の届きにくい高齢地域や、担い手が少ない過疎地域の高齢者の方に対してGENKINEXTを造って社会貢献していきたいと考えております。


GENKINEXTでのやりがいは?

GENKINEXTで提供している全てのサービスがやりがいです。機能改善する為に本当に無駄の無いプログラムですし、一つ一つのサービスをただ提供するだけでは無く内容を追求出来る柔軟性が有ります。介護整体・機能訓練であればご利用者様と自分が直接関わりながら、ケアプラン・カルテをベースにご利用者様のその日の状態によってメニューを決める。問診一つをとってもどこまで細かく聞く事が出来るか、サービスを追求していったらどこまでも追求できます。だからこそGENKINEXTで行われている全てのサービスが自分にとってはやり甲斐です。


最後にこれからGENKINEXTで活躍をしたいと思っている整体師の皆さんにメッセージをお願いします。

これから整体師を目指す人も、整体師として社会貢献をし続けている人もGENKINEXTを通じてご利用者様も私達も共に元気になりましょう!





このページのトップへ